オリーブかけてみた87おかえりマンゴーヨーグルト

おかえりマンゴーヨーグルトにオリーブオイル

オリーブオイルかけてみた87おかえりマンゴーヨーグルト

プレーンヨーグルトにドライマンゴーを漬け込む食べ方を『おかえりマンゴーヨーグルト』と呼ぶ事を最近友人のSNSで知りました。

ヨーグルトにドライマンゴーを差し込み一晩置くとマンゴーはプルプルによみがえり、ヨーグルトはギリシャヨーグルトのようなコクと固さに変わります。

オリーブオイルをかけて味わうと酸味がまろやかになり、ドライマンゴーの香りが引き立ちます。

さてドライマンゴーの栄養素、βカロテンとビタミンC、食物繊維が豊富。

βカロテンはフレッシュマンゴーの9.6倍、ビタミンCはフレッシュマンゴーの3.4倍です。ビタミンCといえば『レモン』が代表的な存在ですが、レモン果汁100gあたり50mgに対しドライマンゴー100gあたり69mg 、実に1.3倍多く含まれています。

また鉄分やカルシウムが含まれてるので女性には嬉しい食材ですね。

さらにプレーンヨーグルトはカルシウムやタンパク質も含まれています。

食欲のない時に『おかえりマンゴーヨーグルト』はひんやりつるんとした喉越し良くて栄養補給に心強い組み合わせ。

ヨーグルトの乳酸菌とマンゴーの食物繊維は腸活にもぴったりな組み合わせですね。

ドライマンゴーの特徴であるβカロテンはビタミンAと言って抗酸化作用があり、油脂類と一緒に摂ると吸収率が上がります。

今回使ったオリーブオイルはマルケスデグリニョンオレウムアルティス

芸術のオイルという名前のスペイン産オリーブオイル。

エキゾチックなフルーツの香りがするオリーブオイルでコクもあり、マンゴーヨーグルトの美味しさを引き立ててくれます。

さてレシピです

おかえりマンゴーヨーグルト(2人分)

プレーンヨーグルト400g

ドライマンゴー50g

オリーブオイル小さじ1 (オリーブオイルが好きな方はお好みの量プラスしてくださいね)

ミントの葉 (あれば少々)

1.ドライマンゴーを一口大にカットします。

2.プレーンヨーグルト400g 1パックに1のマンゴーを刺すように埋め込み一晩漬け込みます。

3.2人分の器にとりわけたら最後にオリーブオイルを各小さじ1/2ずつかけて、ミントを盛り付けして完成。